ホッカイドウ競馬ニュース トップページ > 過去のニュース一覧 > ホッカイドウ競馬ニュース

2017年10月08日掲載
10月7日(土)遠征結果(JRA東京 サウジアラビアロイヤルカップ)
 10月7日(土)JRA東京競馬 サウジアラビアロイヤルカップ にホッカイドウ競馬所属馬ダブルシャープ号が出走し、6着(18頭立)となりました。ご声援ありがとうございました。


◇関係者コメント
石川倭騎手
「調教の感じは札幌2歳Sから成長を感じる内容で今までで一番の状態でした。パドックでのイレ込みはいつもの事で気にならなかったです。道中は取りたいポジションが取れて順調だったんですが、3コーナー手前で寄られてその時にハミがガンとかかったのが痛かったです。終いはしっかり伸びてくれましたし、この揉まれた経験が次に生きると思います。初めての東京での騎乗でしたが、札幌とも違う雰囲気ですべてが大きく開幕週の馬場もすごいきれいで乗りやすかったです。たくさんの応援ありがとうございました」

米川昇調教師(コメント提供:楽天競馬スペシャルアドバイザー 古谷 剛彦 氏)
「発汗は目立っていましたが、うるさいのはいつものことですし、東京競馬場に着いてから当日までの間に馬体は増えて、前走よりも8キロ増での出走も予定通りでした。状態は良かったと思いますが、芝だと引っ掛かる馬で、隣にいた馬と接触したこともあり、思った以上にハミを噛んでいる時間が長かったことが、最後伸び切れなかったように感じました。今後の予定はオーナーと相談する形になりますが、個人的にはダートも問題ありませんし、北海道2歳優駿に挑戦したい思いもあります。応援頂きまして、本当にありがとうございました」



(一社)北海道軽種馬振興公社(Official web site since 2001)
当サイトで使用している写真、及び、テキスト等すべてのデータの無断転載を禁止します。

サイトマップリンクメール携帯サイト案内公社概要